株式会社アクシスはシステム戦略を提供するソリューションベンダーです。

  1. TOP
  2. 開発実績
  3. 販売向け在庫管理システム


在庫管理システム

東京関根産業株式会社 様



 東京関根産業様は、1942年の創業以来、70年もの長きにわたり池袋、新宿、渋谷にて事業を展開する質屋です。

同社では、質屋における重要なファクターである商品管理の業務改善をめざして、「在庫管理システム」を構築。開発にあたっては、アクシスがシステムの構築全般を行いました。
同システムの構築によって、在庫管理業務の正確性と効率性が 大幅に向上。
売上分析による販売戦略策定への活用、お客様の満足度を高めるとともに、販売スタッフの負担軽減にもつながっています。




システム概要イメージ図






システム構築内容


◆在庫情報の電子化
これまでの、紙の台帳による管理を、オンライン端末によるデータ管理に変更することで、データの即時性及び正確性が大幅に向上し、窓口での正確で迅速な対応が可能になりました。

◆情報の一元管理
本社にサーバを設置し、各拠点の情報を一元管理することで、リアルタイムに在庫情報や収支情報を照会することが可能になりました。また、仕入時や販売時の履歴に対して、検索条件を指定することにより、高度で複雑な条件での情報抽出、分析照会も可能となりました。

◆バーコード入力方式の採用
商品の在庫登録時に、システムより自動的に出力されるバーコードを値札に貼付することで、簡易で正確な商品情報の照会処理および販売時の登録処理が可能になりました。棚卸作業にもバーコード入力を使用することで、大幅に作業効率と精度を向上させることができました。

◆セキュリティの向上
ユーザーの所属店舗や担当業務毎に、権限を設定することを可能としました。ユーザーが、システムにログインすると、自動的に権限を付与して範囲外へのデータ・機能へのアクセスを制限することが可能になりました。また、情報セキュリティを確保するため、パスワードに有効期限を設定し、定期的なパスワードの変更を促します。


関根社長へのインタビュー


Q.在庫システムを導入した経緯
当社にとって、これが初めて導入したシステムだったため、どこから手をつけるべきか随分考えました。当社は、販売部門と質・買取部門という、大きく分けて二つの部門があります。販売部門では在庫管理、質・買取部門では顧客・期日の管理等、システム化が必要な箇所は多々ありましたが、まずは販売部門の在庫管理システムを構築する事にしました。

Q.システム導入前の問題点
システム導入前はほとんどが紙媒体での管理で、特に大変なのが販売在庫の棚卸でした。営業日に行いますが、一日のうち多くの時間を棚卸に費やし、実質は半日くらい休業しているような状態でした。人手に頼って作成したリストに基づいて商品を一つ一つチェックすることは、時間がかかる上に何かと非効率で、棚卸を頻繁に行うこともできませんでした。

Q.システムを導入して変わった点はどこですか?
もちろん、商品管理がしやすくなりました。加えて、帳票がエクセルベースで出るため、売上分析や在庫分析ができるようになりました。具体的には、グッズ別やブランド別など、いくつかのカテゴリー分けが可能なので、様々な切り口で売り上げが分析できます。在庫状況も同様に把握することができます。また、システムがVPN網でつながっており、本社を含む各拠点でデータを共有できることも大きなメリットです。

Q.棚卸しの頻度・システムの使用頻度
システムを導入する以前は大がかりな棚卸を年に一回行っていましたが、いまは店舗の状況にあわせてこまめに実施しています。時計などの商品別に棚卸を実施することも容易になりました。システム自体は毎日何かしらで使用しています。当然のことながら、仕入れや売り消しは都度入力します。また、備考欄を作っていただいたので、商品の修理費用など、各種情報も入力しています。

Q.システムを使用した感想・スタッフの方からのご意見など
最初に要件をつめて、アクシスさんと一緒に時間をかけて念入りに作ったので、概ね思った通りのシステムになりました。導入後も、スタッフの意見を聞きながらいくつかの改修を行い、今に至っています。外国人のお客様向けに免税販売を開始したことに伴う改修もしていただきました。 結果として、ストレスの少ない使用感を実現できています。セキュリティもしっかりしており、管理者としても安心しています。

Q.システムの評価・今後弊社に望む事
システムの出来に関しては、万全な作りで五年経っても色あせる事はなく、満足しています。ハード面の問題がなければいつまでも使えるものだと思っています。今後も、中小企業にとってリーズナブルで使い勝手の良いシステムの開発に、さらに力を注いでほしいと思っています。



導入事例協力


東京関根産業株式会社

http://sekine-shichiya.com/
◆質屋業、古物商、小売業
◆質預かり・買取業務、ブランド品・ジュエリー等の販売業務

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-36-2
TEL:03-3983-6148 FAX:03-3985-4887

ページトップへ戻る